,

NK-8008 2020年 元号年間カレンダー(令和ポスター付)

時代の節目となった12の元号の豆知識付き!便利な年間カレンダーです。
令和ポスターはインテリアとしてもお楽しみいただけます。

 

2019年は5月1日の改元で、元号に大きく注目が集まった年でした。
ですが、そもそも元号とはどういうものなのか、今までどんな元号があったのかなど、元号のことを知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

そこで、少しずつ元号について詳しくなれる、年間カレンダーが登場しました。

♦令和2年を一望する
年間カレンダーを使ったことはありますか?
1月から12月までを1枚に収めた年間カレンダーは、パッと目をやるだけでいつでも数か月先の日付や曜日が見ることができ、とても便利です。

予定を書き込んだりする壁掛けカレンダーや卓上カレンダーと別に、年間カレンダーも貼っておくのがおすすめです。

♦元号の豆知識
年間カレンダーの冒頭部分には、「令和時代へ ―はじまりは大化から―」と題して元号についての解説が載っています。

さらに、毎月のカレンダーのそばには、12の元号の豆知識を掲載しました。
約1300年前の日本最古の元号「大化」にはじまり、なじみの深い「昭和」「平成」まで、時代の節目となった12の元号を選びました。
カレンダーをときどき目にするうちに、少しずつ元号のことを知っていくことができます。

♦令和ポスター付き
この年間カレンダーには、新元号を流麗な書でしたためた「令和ポスター」が付属しています。

「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、

梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」
(「万葉集」の梅花の歌、三十二首の序文)

「時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、

梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」

(中西進著書「萬葉集 全訳注 原文付」訳より)

2020年のお正月は、令和で迎える初めてのお正月。
ぜひ令和の書と一年間のカレンダーを飾って、新しい時代をどう過ごしていくか思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。


サイズ:535×380mm

ページ上部へ戻る