nippon colorシリーズ

日本らしい深みのある色合いの扇子で、日常に彩りを。

「nippon colorシリーズ」は日本古来から伝わる深みのある色を扇面に、親骨の黒色をアクセントに仕上げた人気シリーズです。
300種類以上ある日本の伝統色から厳選した、全5種類からお選びいただけます。日本古来から伝わる深みのある色を、暮らしの中に取り入れてみませんか?
年齢性別問わず幅広く使っていただけます。外国の方への贈り物にもおすすめです♪

nippon colornippon color

色のもつ意味合いごと、涼しい風を楽しんで。

日本に伝わる美しい色を活かしてデザインされた「nippon colorシリーズ」は、日本独自で培ってきた伝統的な色彩をその呼び名や意味合いも含めて楽しんでいただける扇子です。

幾つかご紹介すると、例えば「紺青(こんじょう)」は葛飾北斎の「富嶽三十六景」にも多く使われている色です。
平安時代に中国から渡来してきた色ですが、深い海のような紫を帯びた青色は日本の美しい風景を連想させてくれます。

そして松葉のような濃く深い緑色「千歳緑(ちとせみどり)」。
一年の季節の移ろいの中、緑の葉をいつもつけている松は、“長寿と不変の象徴”とも言われています。そのことから松葉の色を、千年後も変わることのない「永久の緑」という意味をこめて、この名で呼ぶようになりました。
不老長寿の意味をもつ縁起の良い色は、大切な方の健康を願って贈り物にもオススメです。

最後に、紫草という植物の根で染めた「紫紺(しこん)」は紺色がかった深い紫色をしています。
もうすぐ行われる天皇の即位の礼で幡の色にも用いられる高貴な色。身近な場面では、野球大会などの優勝旗で見ることができます。
尊ばれる縁起の良い色を生活に取り入れてみるのも背筋が伸びる心地がして素敵です。

普段は意識することのない様々な色彩の中に、日本独自の色があり、意味合いごと大切に伝えられてきたのだと思うと、不思議と愛しさを感じられる気がします。
今年は改元の年。この機会にシンプルで美しい日本の色を身近に置いて、歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

サイズ 7寸 21cm
扇面素材 綿
備考 扇子袋付き

※画像と実際の商品とで、多少色味が異なる場合がございます。
※4月下旬頃から全国の量販店や文具店、書店等で発売していきます。発売日は店舗により異なります。

 

>>nippon colorシリーズWEBご購入はこちらまで<<

ページ上部へ戻る