ブログ

言葉の贈り物 
-残暑見舞い-

残暑見舞い

こんばんは。暑い日が続きますね。

最近、年賀状以外にハガキを書いたことってありますか?
友人や身内に誕生日のカードなら書いたよ、という方もいらっしゃるかもしれません。

熱中症や台風の情報が報道される今日この頃。遠くに住むあの人、最近会ってないあの人は元気かな。地域のニュースを耳にして、ふと気になったりしませんか?

一年を二十四に分けた「二十四節気(にじゅうしせっき)」と呼ばれる季節の中で、今日からは暦の上で秋のはじまりを迎える「立秋(りっしゅう)」です。

二十四節気の「小暑」から「立秋」までは暑中見舞い、「立秋」から8月末まで(9月の「白露」まで)は残暑見舞いのあいさつ状を送る季節です。

立秋の後ですので、今日からのあいさつの言葉は「残暑お見舞い申し上げます」
いやいや、まだ夏真っ盛りだよね?なんて突っ込みながら、きれいなカードやハガキで言葉を贈ってみてはいかがでしょうか。

残暑見舞い

涼しげな柄や色のハガキで時候のあいさつを受け取ると、暑さや湿気でイライラしがちな心もすこし穏やかになる気がしませんか?

中には、ハガキといっても普段文章を書かないから、何からどう書けばいいのかわからない、筆を執って考えるのがおっくう、、という方もいらっしゃるかと思います。
今回はそんな方でも、気負わずかんたんに挑戦できるハガキの書き方をご紹介したいと思います。

 

<準備>
①文房具売り場やWebで、かわいくて涼しげな、夏らしいハガキを購入する。
(向日葵や朝顔、水族館や金魚のカードなんかも素敵です。※暦生活のお店でも「立秋」のポストカードを販売中です♪)

②書きやすいボールペンや万年筆を用意する。

準備はバッチリ!さあ書きはじめましょう♪

<書き方>
書くにあたって…さて何から書こう? まず、相手の顔を思い浮かべます。

挨拶文 「残暑お見舞い申し上げます。」

相手の現状はどうか質問 「いかがおすごしですか?」

こちらの現在の状況 「こちらは…です」

健康を願うメッセージ 「ご自愛くださいね」

日付 (暑中見舞いなら「盛夏」、残暑見舞いなら「晩夏」など時候の言葉を末尾に入れます)

この5つの文章の流れだけで、あっという間にハガキは埋まってしまいます。

 

残暑見舞い

 

書き出しは「拝啓」でなく、「残暑お見舞い申し上げます」でOK!
例文を作成してみました。

「残暑お見舞い申し上げます。

お久しぶりです!暑い日が続いてますが、●●さんはお元気でしょうか?

私は夏バテで麺類ばかり食べていますが、この夏にはダイエットもかねて食生活を見直していきたいと決意しました。

お互い夏の暑さに負けず、涼しくなったらおいしいご飯を食べに行きましょうね。

体力をつけるのにウナギを食べるのもいいですね。考えておいてください♪
夏風邪も流行していますのでご自愛くださいね。ではまた。

令和1年8月8日 晩夏」

メール一通ほどの短い文章のやりとりですが、自分の書いた文字に託すと、より気持ちが伝わりそうな気がしませんか?

簡単なイラストや、写真を添えてみるのも素敵ですし、ポイントに蛍光ペンで単語に色を引いてみたり、丸や三角などの簡単な記号を書き込んでみても良いですね。

そしてこの機会に「秋の季語」を使ってみるのもオススメです。
俳句や短歌にふれることがないと使うことは少ないと思いますが、一言使うだけで、ぐっと季節感がアップします。

気にしているって“伝える”こと、疲れているときに気持ちを“伝えてもらえる”ことって、意外に心に残るものです。
ちょっとした隙間時間ができた際には「言葉の贈り物」で、暑さに疲れた日々をいたわりあってみてはいかがでしょうか。

 

<今から使える!秋の季語>

☆星月夜

澄んだ夜空に月夜のようにまばゆく星が輝く夜の様子。
秋と言えば中秋の名月のイメージがありますが、「星の月夜」なんて素敵な言葉ですね。

☆夜の秋

夏の終わりの季語。昼間は暑いけれど、夜になると少しずつ秋が近付いているのを感じること。

「秋の夜」ではなく「夜の秋」というところがポイント。逆にするだけで夏の終わりの意味に変わるところが面白いです。

 

<意外!?な秋の季語>

☆朝顔

夏の季語じゃないの?とも思われますが、朝顔の良く咲く時期が8月以降なので秋の季語だそう。

☆天の川

秋が一番夜空の中心にあり、空気が澄んでいてよく見えることから秋の季語です。

☆スイカ

「冷やし西瓜(すいか)」は夏の季語で、スイカは秋の季語。昔のスイカは8月中旬以降に出回ったため秋の季語になります。

 

気になった方はぜひ、お気に入りの季語を使ったハガキにも挑戦してみてくださいね♪

関連記事

ページ上部へ戻る