ブログ

「父の日ギフト」でお悩みの方へ アニマルモチーフの贈り物編

父の日

こんにちは。
母の日もあっという間に過ぎて、6月16日(日)の「父の日」が間近に迫ってきました。父の日の贈り物、もう決めましたか?
ビールやおつまみなんかもいいですが、日毎に暑くなっている今日この頃。持ち運べて涼める扇子を贈ってみてはいかがでしょうか。

まだ悩んでいる方、決めかねている方に、今回は父の日オススメの扇子をご紹介します。
よろしければご検討ください♪

ユーモラスな表情の動物たちがかわいい、使っていると注目される!?贈り物

弊社で扱っているカレンダーでもおなじみの、人気水墨作家・岡本肇の心和む世界が扇子で登場しました!
素材は国産の扇面紙で日本製です。かなめの部分に取り付けられた落款入りの木玉が仰ぐたびに揺れて、他の扇子とはひと味違うアクセントに。味のある水墨画と言葉に、心地よい風を感じられるような扇子です。
やすらぎと笑顔を与えてくれる世界観で、幅広い層にお使いいただけます。

大熊猫大熊猫

急がず焦らず~大熊猫~
上野動物園のシャンシャン誕生から再びブームが巻き起こっているパンダ。むしゃむしゃと無心で竹を食べる様子と「急がず あせらず あるがまま」というマイペースなメッセージが、のんびりとリラックスできる風を送ってくれそうな扇子です。

子熊猫 子熊猫

うれしい楽しい~子熊猫~

「同じもうれしいけれど 『違う』も楽しい。」ころころと並んで平和に過ごす子パンダたちが、個性があるからこそ楽しいねという気持ちを伝えてくれます。ぽってりとした子パンダの姿かたちに癒やされます。

ホッキョクグマ
ホッキョクグマ

北極熊

鮮やかな青色と白い氷の世界が涼しさを演出してくれる、さわやかで美しい扇子です。開くたびに目に入るのは「夢は でっかいほうがいい。」という励ましを含んだ優しいメッセージ。静かな表情の親熊と、あどけない小熊が見守ってくれているような扇子です。

ぺんぎんぺんぎん

ぺんぎん

「どうにもならないことは 忘れてしまおう。」という心を落ち着かせてくれるメッセージと、のどかな表情のぺんぎんが、疲れた日常に寄り添い、励ましてくれるような扇子です。落ち着いた青紫色と白い氷の扇面が涼やかです。

職場などで使っていると周りの人に話しかけられそうな、ユーモラスで楽しい扇子。面白いもの好きなお父さんにいかがでしょうか?

 

アースカラーと迫力ある動物のシルエットで、ちょっとお洒落な贈り物

「ZOO-アニマルシルエット-シリーズ」は落ち着いた色味にワンポイントの動物シルエットが入った、大人可愛いちょっとお洒落な扇子シリーズです。
写実的な動物たちの横顔がデザインされていますので、動物好きでクールなものを好まれるお父さんにオススメです。
ZOO
個性豊かな動物たちを、好みや特性で選んでみても楽しめます。
例を挙げると、「シロクマ」は澄んだ海のような水色の地に、シロクマのシルエットをデザインした扇子です。
シロクマは陸上最強の肉食動物。強くてかっこいいイメージですが、10日間で500kmを休むことなく泳ぎ続けることができるそうです。加えて、約7ヵ月間飲まず食わずで冬眠する、溜める力のあるところから、クマのモチーフは金運を上げてくれるとも言われています。

貯金を頑張っているお父さん、ジムに通ったり筋トレに励んでいるお父さんへ贈ってみてはいかがでしょうか。

シロクマ

そして、「ブタ」は落ち着いた灰色の地に、ブタのシルエットをデザインした扇子です。
日本では貯金箱としてデザインされたり、舞台で床を踏む音に由来する「とんとん拍子」と言って、物事が順調に進むことを意味する言葉から、ブタは幸せを運ぶ動物として愛されてきました。

他国でも、ドイツでは良いことがあった時に「ブタを持っていた」と言ったり、新年には、幸運を願ってブタのミニチュアを贈りあう習慣もあるそうです。幸運を呼ぶブタをモチーフにした扇子を、ゲン担ぎが好きなお父さんへプレゼントしてみませんか?

ブタ

最後に、「ゾウ」は深い川のような青色の地にゾウのシルエットをデザインした扇子です。
大きくて優しく、器用に長い鼻を使いこなす、賢いイメージのあるゾウ。どっしりと構えたゾウの姿からは、余裕のある雰囲気が感じられます。

そんなゾウは風水では「安心」「安定」を象徴し、デスクに置くと、強力な後ろ盾を得ることもできると言われています。
安定をもたらすゾウのモチーフで、仕事を頑張っているお父さんを応援してみてはいかがでしょうか。

動物モチーフはこうした意味合いを込めてプレゼントに選んでみるのもオススメです。
後編ではシンプルで使いやすい扇子のシリーズをご紹介します。よろしければご覧になってみてください♪

 

暦生活のお店WEBでのご購入「暦生活のお店」はこちら<<

関連記事

ページ上部へ戻る