【暦・行事:最新情報】2019年版カレンダーにおける新祝日の記載方法についてのお知らせです

2018年12月8日、皇太子さまが即位する来年5月1日と、即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日を祝日扱いとする法律は参院本会議で可決、成立し、4月27日から5月6日までの10連休となることが決定しました。
しかし、弊社カレンダーの新祝日に関係する日の表記は、4月3日の カレンダー業界の申し合わせに従い下記の通りとなっております。


全国カレンダー出版協同組合連合会(JCAL)は、2019 年の祝日動向に関して、昨秋から様々な形で検討を行ってまいりましたが、この度、現在までの各種情報に基づき、2019年版のカレンダーの未定日について、以下の通り記載することで、業界全体で足並みを合わせ、皆様に提供することを2018年4月3日(火)に決定いたしました。
弊社もJCALの指針に沿って、2019年版カレンダーの製造を進めてまいります。

<未定日の掲載についてのポイント>
・ 日付玉はいずれも墨(スミ)。
・ 4月30日、5月1日、10月22日、12月23日の該当行事名は祝日色(朱色など)。
・ 4月30日、5月1日、10月22日の該当行事名の前には祝日色の日の丸(国旗印)を入れる。